あの頃の肌をもう一度!
注射器

医師を選ぼう

ボトックスは、高い効果を感じることが出来ると人気の治療法ですが、副作用を生じる場合があります。しかし、世界的にもポピュラーな治療法なので、安心して治療を受けましょう。経験豊富な医師の治療を受けることで副作用を避けることが出来るので、美容外科の選定をしっかり行なうことが重要です。
女の人

女性に人気の施術

年齢と共に現れるしわなどは、美容整形によって解消することが可能です。美容整形にも様々な施術法がありますが、その中でもボトックス注射は女性の中で人気が高いです。しかし、ボトックス注射の治療を受けるにも副作用などについてきちんと把握しておくことが大切です。
看護師

皴をなくすため

ボトックス副作用は表皮のしわだけには向かない性質ありますが、深いしわを消したいといったときには高い効果を示します。治療法で自分に合ったものを見つけるためにも医師とカウンセリングをしてください。そして、気になる場合には早く治したほうがいいでしょう。

国内外で基準は違う

頬を触る人

日本では安全性が高い

医療機関で危険性をうたわれていることがあるボトックス副作用ですが、日本で使用されている美容目的であれば、それほど危険性はありません。ただし、国外で治療を受けた中では死亡例もあると警鐘を鳴らす人も多いため、改めてボトックス副作用に付いて知っておいたほうがいいといえるでしょう。喧伝される情報に振り回されることのないよう、どんな治療方法によって死亡事故が発生したか、具体的な症例を知ってから治療を受けるべきです。海外で使用されるボトックスの量は、国内とは比較にならないほど多いことや、国内で使用されている量では事故が起こるリスクは少ないことがわかっています。海外でボトックス副作用によって呼吸困難をはじめ、肺炎や呼吸器障害による死亡が挙げられていますが、不慣れな医師が過剰投与によって呼吸筋を麻痺させた可能性があるでしょう。日本でも過剰に投与することによって現れるボトックス副作用として、筋肉が麻痺して動きづらくなるリスクがあると警鐘を鳴らしています。そのため、国内の医療機関では症例数の多いベテランの医師による治療に限り、安全性に気を配って実施しているところも少なくありません。また、日本では安全性のために国外のように大量に使用することはなく、あくまでも美容目的の場合と、医療目的とでわけ、万全を期して治療していることがわかっています。一部の国では過剰に使用することが多く、医療機関によって不慣れな医師が引き起こした為、日本ではありえない事故といえるでしょう。このため、日本で治療を受ける場合に限っては死亡事故といった危険性はありえないといわれているため、参考にしてください。なお、日本国内で報告されているボトックス副作用の中には、体質や体調によって引き起こされる可能性がある為、治療前に体質を確認しましょう。人によってボトックスアレルギーの人や、抗体を持つ人がいる為、これらの人は治療を受けることはできないといえます。アレルギーの人だけでなく抗体を持つ人の場合はなぜかというと、抗体を持つ人の場合には効果を実感しにくいからです。前もって体質や体調を確認して治療を受けることによって、余分な費用を払わずに治療を受けて効果を実感できるといわれています。ボトックス副作用として挙げられている注射を打った時の痛みが残るのは、麻酔の量が体質にあっていなかったことが原因です。信頼できる医療機関では患者の体質に合わせて麻酔を打ち、治療を行うため痛みを感じる人は少ないといわれています。また、筋肉の状態によって違和感を感じる場合、数日で直る人がほとんどですが、まれに直らない場合には医療機関に相談しましょう。熟練した医師が実行することや、薬品の保管状況に気を配り、患者の体調や体質に合わせて適切な治療をするといった医療機関であれば、副作用はほとんどありません。そのため、医療機関によって熟練している医師がいるかどうか、確認して治療を受けることが重要となるでしょう。医療機関ごとにクチコミでの評判が異なる為、前もって症例数や体験者のクチコミを参考にして選ぶと、満足できる副作用のない結果が得られやすいです。